キャリアパス・研修制度

成長を後押しする研修と制度

一成長を後押しする研修と制度

介護の仕事というのは、すべて“人”で成り立っています。ですから、当然一人ひとりの社員を大切にしています。人材育成にも力を注いでおり、新入社員研修、リーダー研修、中堅社員研修など、階層別のきめ細やかな研修体制を確立。

社員のキャリアアップを支援するため、資格取得に向けた研修(対策講座)のほか、看護学博士や大学教授など、各界でご活躍されている講師を招いた専門分野の研修も適時行っています。

こうした研修は、今はまだ社員を対象にした研修となっていますが、時間や日程を合わせることが難しいパート社員を含めて、できるだけ多くの社員に受講してもらえるような研修体制の構築を目指しています。また、資格取得の支援においても、「介護福祉士」など、実務的な資格はもちろんですが、「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」の資格取得など、次代を担っていく人材の成長を後押しできる体制づくりを推進したいと考えています。

社員の頑張りをきちんと評価するしくみ

職員の頑張りをきちんと評価するしくみ 執行役員 / 人材教育担当 永島一恵

当社では、社員一人ひとりの頑張りをきちんと評価しています。私自身も、最初はパート社員として入社しましたが、介護福祉士などの資格取得に挑戦する姿勢や、利用者さま目線のサービスを提供できるように頑張っていたことが評価され、パート社員から社員へ、さらには副センター長、センター長になり、現在は執行役員を務めています。

年に1回、代表や役員が社員と直接面談し、“将来に対する思い”や“希望”などをヒアリングする「キャリア面談」を実施しており、会社と社員が一緒になってキャリアパスをつくっていける環境になっています。

シルバーメディカルサービスのキャリアパス

人で成り立つ仕事 だからこその研修と制度を