シルバーメディカルサービスとは

最高の笑顔と真心で、私たちの事業は成り立っています

代表取締役 松村 利香

シルバーメディカルサービスでは、『利用者さま目線・ご家族目線』を大切にしながら、地域に密着した介護サービスを提供しています。社員の都合でサービスを提供するのではなく、利用者さまが「何を求めていらっしゃるのか?」「何が楽しくて、何がつまらないのか?」を真摯にとらえ、個別のケアを実践しています。

社員も、利用者さまがいらっしゃってからお帰りになるまで、常に目をかけ、気をかけ、心をかけ、最高の笑顔で接します。ご家族に対しても、お気持ちを組んだお声がけができるようなサービスを心がけています。

こうした手づくりで、温かみのあるサービスというのは、“人と人のふれあい”から生まれるもので、私たちの事業というのは、すべて“人”で成り立っています。“働いている社員を大事にすること”は、私たちのサービスの源泉でもあり、これまで一貫して続けてきた組織運営のこだわりでもあります。

社員の成長やキャリアアップを支える教育研修制度の整備はもちろんですが、一生懸命、誠実に頑張っている人を公平な目でしっかりと評価し、管理者やマネージャー、経営陣にまで引き上げています。利用者さまに「より質の高いサービスを提供したい」という“思い”で取り組む社員の、前向きな姿勢や成長意欲を後押しするためです。

地域介護の“灯台”として、多様なニーズに対応する

代表取締役 松村 利香

高齢化が加速し、社会福祉に対するニーズが多様化するなかで、「望まれる介護の姿」というのも、何年か後には、今ある姿とは違うものになっているかもしれません。しかし、社会福祉の重要性が、これから先も高まっていくことは間違いないことですし、介護事業というのは、未来に開かれた、将来的にも明るい業態だと考えています。

私たちとしても、今後起こりうるであろう変化に対応するため、経営基盤の強化や人材の拡充を含めて、これまで以上に強固な企業体力を身につけていかなければならないと思っています。

「住み慣れた場所で、家族と一緒に暮らしたい」という地域の皆さまのニーズに応え、在宅支援の中心となるのが、デイサービスという業態だと私たちは自負しています。そうした地域介護の指標となり、安心の明かりをともす“灯台”としての役割を、私たちシルバーメディカルサービスが今後も担っていきたいと考えています。

変遷していく介護保険制度にしっかりと乗り越えていける企業体力をつけていく